夜勤専従 看護師

夜勤専従看護師の最大のメリットは、高収入


看護師の仕事というのは激務で、できることなら夜勤はやりたくないと思っている人が多いようです。

 

そこで病院側としては、夜勤のみを勤務する夜勤専従看護師を必要としています。

 

一見、夜勤と聞くと、体がきつそうとか子供がいるから難しいなどというイメージを持ってしまうと思いますが、実は夜勤専従は働く側にもたくさんのメリットがあるのです。

 

まず最大のメリットとしては、高収入を得られるということではないでしょうか。

 

ブランドのメンズファッションで有名なように夜勤は基本給の他に夜勤手当というものが上乗せされますので、同じ時間日勤として働いている人に比べたら収入は断然良いです。

 

また、最初のうち夜の勤務は体が慣れないかもしれませんが、徐々に慣れてリズムができれば、交代制の勤務より楽ですし、何より昼間の時間を有効的に使えるというのがいいですよね。

 

最近では、託児所完備の病院も増えていますので、子供がいる人でも安心して働くことができます。

 

そして、夜勤専従看護師は非常にニーズのある仕事ですので、転職を考えている人はすぐに仕事を見つけることができるというメリットもあります。

 

そのため、転職を考えている人には看護師求人サイトへ登録して、仕事を探すことをおすすめします。

 

このような仕事は求人誌にはほとんど載っていませんので、看護師の求人が多く集まっている求人サイトを利用することで、効率的に良い仕事を見つけることができるのです。

専業主婦が性に合わなくて検診派遣の仕事を始めました。一歩外に出ると楽しいし、子供と少し離れる時間があるだけで、また育児を頑張ろう!と思えますね!


私は独身の頃、病棟ナースとしてバリバリ働いていました。

 

急性期病棟の仕事は、とてもハードでかなりキツイ仕事でしたが、その分やりがいもあり、楽しさすら感じていました。

 

結婚して、出産し、しばらく専業主婦をしながら、家事、育児に専念していたのですが、専業主婦がこんなにも大変だとは思っていませんでした(T ^ T)

 

結婚して専業主婦になれるなんていいなぁって思っていたのですが、実際は毎日毎日息の詰まる日々でしたね。

 

朝から晩まで家事と育児に追われて、気づけば身なりも気にしなくなってきます(・_・;

 

以前はスッピンで外出なんて出来ない!って思っていたのに、時間もないし、面倒だし、スッピンでいいや…なんて思い始めていましたね。

 

仕事をしている時が一番忙しいと思っていたのにに、実は専業主婦って仕事をしている以上に忙しいんです( ;´Д`)

 

だって、家事も育児も終わりがないんですもん…。

 

なんだかストレスの発散の仕方もわからなくて、イライラしてばかり。

 

あれだけ可愛らしいと思っていた我が子にも、イライラ…。

 

旦那は、飲み会ばかりで帰りは遅いし、家事も育児も私に任せ切りです。

 

二言目には、「俺の稼いだ金でくわせてやってるんた」と言われておしまい…(?_?;)

 

このままじゃ、イライラして虐待とかに走るんじゃないかと、不安になってしまうほどでした。

 

そこで、健診バイトの看護師の仕事を始めたんです^_^

 

検診派遣の仕事は、自分の都合の良い時だけでもオッケーですし、残業もなくて帰宅時間も早いから、子育てとの両立も可能です。

 

検診車で遠くまで行くのも気晴らしになるし、ママさんナースが多くいるので、育児の話や、旦那の愚痴で盛り上がっています( ̄▽ ̄)

 

子供と離れる時間が出来たことで、育児に息詰まった感じもなくなり、イライラせずに受け入れることが出来るようになりました。

 

少しの時間でも離れていると、心配になっちゃって、家に帰ったら沢山抱きしめてあげよう?って思えるようになりましたね(*^_^*)

 

この程度の仕事だと、自分自身への負担が少なく、よい気晴らしになりますね。

民間病院の小児科病棟ヽ(^。^)ノ・夜勤専従

子育て中、子どもが小さい時に、夜勤専従で入っていました。

 

というのも、子育て中はフルタイムで働く自信もなく、子どもと一緒にいたいという思いがあったので、いったん離職したのですが、ブランクあくのも心配で、夜勤は結構現役のころから好きだったので、夜勤専従看護師で週1回で入っていました。

 

病院は、保育施設完備の病院で、ただ夜間保育は金曜だけ、と曜日が決まっていたので、その日に夜勤専従で入って、子どもと一緒に出勤し、子どもを保育室に預け、仕事をして、朝、一緒に帰るというパターンでした。

 

小児科病棟で働きましたが、独身の頃とは働くときの気持ちが違いましたね。

 

もちろん、独身の頃から子どもが大好きで、一緒に遊んだり、お話したりすることが好きだったのですが、親になると、生まれるまでのこと、生まれた後のこと、一人ひとりにドラマがあり、健康な子でも、眠れないほど子育てに疲れた日々があることが分かっているからでしょうか。

 

また、歩ける、走れるようになった子どもは、走り回るだけでも幸せ、という感じがあって、そんな時期に、病院に入院している子ども達と接するわけなので、少しでも病院での生活が苦痛にならないようにしてあげたい、と心から思うようになりました。

 

そして、親御さんへの思いも変わりました。

 

本当に同じ気持ちになることは、同じ立場になれない分、不可能ではあるのですが、子の幸せな未来を願わない親はいないというか、不安になったり、私が働いた病院は親が付き添い必須だったので、その付添い続ける中での疲れやストレスに寄り添って、親御さんのケアもしていきたいと思うようになりました。

 

といっても、大きなことが出来るわけではありませんでしたが、話をよく聞いて、親御さんは一人ではないこと、私達も最善を尽くすことをいつも心にとめて、夜勤だと退院の日に合うことはないのですが、退院の日を思い描きながら仕事をしていました。